気づいたら魔王城が建ってたwikiです

分類
買値平均500~1500ニャーブル
売値場所による
耐性なし*1
特記事項飲みすぎると泥酔する。アルコール耐性によって程度は変わるが、体温が上昇し、気分が晴れる。寒さが吹き飛ぶ。

概要 [#desc]

主にネコ社会主義共和国連邦において飲用される世界的な蒸留酒。
原料が特徴的で、エノコログサを脱穀したものから醸造される。
酒としては珍しく淡い緑色を帯びる。
製法として蒸留後に蒸留酒と発酵上澄み液を5:1程度で混合し、二次発酵させるところも特徴的である。
アルコール度数は平均40度。

原料 [#material]

  • エノコログサ (デンプン原、香り付けの意味も含む)
  • マタタビ
  • チクマハッカ

製法 [#craft]

  1. エノコログサを脱穀し、煮て発酵させる
煮ることにより、酵母がデンプンを分解しやすくなる。
  1. エノコログサ、マタタビ、チクマハッカを5:10:3で混ぜ、粉砕し水に溶かして先ほど作った1.に加え、再び酵母を加えて発酵させる
この時点で度数は12%程度である。この段階でマタタビなどによる薬草成分を溶解抽出している。
  1. 濾過し、連続蒸留器にかける
これによりアルコール度数を蒸留限界(96)まで上げ、また薬草成分を抽出する。
  1. できた蒸留酒を先程の5:10:3混合液で希釈する
これにより、好みの香りと濃度のウォッカをつくる。
  • (5.)味微調整(やらない場合もある)
甘味のためにハチミツを加えたり*2、薬草成分を足したりする。

基礎成分 [#component]

  • エタノール
言わずもがなアルコール。神経を麻痺させる。(いい意味でも悪い意味でも)
  • フェネチルアルコール
ネコに対し強い泥酔作用をもたらす物質。(人間にも効果あり)
花のような香りがする。
  • マタタビラクトール
ネコに対し、少々の興奮をもたらす誘引物質の一種。
  • アクチニジン
興奮をもたらすピリジン誘導体。興奮作用といっても暴力的になるわけではない。誘引性がある。
  • ネペタラクトン
チクマハッカ由来の薬草成分。神経(特に末梢)を少し麻痺させる作用を持ち、少し鎮静作用がある。
身体依存性はない。

コメント [#comments]

#comment

訪問者数 [#visitors]

今日&counter(today);
昨日&counter(yesterday);
合計&counter(total);

&tag(アイテム,飲み物,酒);

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

フリエリ

freedom

どなたでも編集できます

閉じる
wiki乗っ取られてる!?
うぅ…なんで魔王軍に乗っ取られなきゃいけないんだ…(T^T)